WMV VISVIM TOKYO

20.02.25

Dissertations

Built originally as a private abode in the 1970s on the banks of the Meguro River, WMV VISVIM TOKYO has been renovated using a form of residential architecture similar to that of traditional Japanese tea house aesthetics.
Original materials have been maintained in many of the main structures within the building such as columns, beams, and roofing, while other constructive elements have been built off designs by Hiroki Nakamura.

目黒川沿いに佇む1970年代に建てられた一軒家を全面改装してオープンした「WMV VISVIM TOKYO」。
柱や梁、屋根など建物の主構造を成す一部には元の素材が活かされていますが、その他は中村自身が一からデザインし築き上げた店舗です。

The flooring of the store, which extends outside of the building, is laid with a mix of pebbles and mortar. During the setting process, it was washed with water prior to completely hardening, using a technique arai-dashi, creating a pleasantly flecked surface. In addition to those stones, old tile fragments from the original property are also embedded, a playful accent left by the craftsman.

建物の外と内を繋ぐように、外構と屋内床の高さは合わされ同じ素材が用いられています。床材にはさらに小石や砂利が混ぜ合わされており、塗り固めた後、乾き切る前に水洗いして石がチラチラと表面に出てくるように仕上げる「洗い出し」と呼ばれる技法が用いられています。石の他、古い瓦の破片なども埋め込まれており、職人の遊び心を見ることができます。

The interior's walls are the handwork of a plasterer from Kanazawa, softly reflecting natural light within. Upstairs, a light pink wall, colored using natural mineral components, is coupled with a soft yellow carpet floor, and vintage natural-dyed rug to create an overall warm-palette atmosphere.

自然光を柔らかく反射する本漆喰の壁は、金沢の左官職人による仕事。吹き抜け部分の壁はひと続きで面積が広いため、一面を漆喰が乾いてしまう前に仕上げるには熟練の技が必要とされます。2F奥の壁には天然の素材を用いて薄ピンクに着色した漆喰が用いられており、床に敷かれた黄色のカーペットと相まって暖かな空間を演出しています。また、1F店舗奥には和紙を用いた腰壁が配され、壁一つとっても所々で異なる意匠を見ることができます。

The sliding door of the center storage section, features Echizen washi, a type of ancient handmade technique ganpishi paper. Made from the very fine fibers of the ganpi plant, this paper has always been produced in small quantities, as this plant is difficult to cultivate and has to be collected from the wild. Recognized as a premium paper for documents wished to be stored for a long time, it is resistant to insect damage and has high preservation properties. This particular washi is known as echizen torinokogami, said to resemble a chicken's eggshell, due to its pale yellowish color; having a unique luster, it provides a smooth fine texture for paint brushwork.
The zig-zag patterned artwork primarily consists of four colors; each color part naturally dyed using several types of stencils. (See more on Katazurizome dyeing:katazurizome)

一際目を惹く店舗中央に据え置かれた収納部の襖は、越前和紙(*)の一つである「雁皮紙」に型摺染めを施したもの。「雁皮」とはジンチョウゲ科の植物で、栽培が難しいため原材料には野山に自生するものを使います。繊維が非常に細く、漉かれた紙はきめ細かな独特の光沢を持ち、虫害に強く保存性が高いため長い時間保管する書類などの記録物に最適な紙として知られています。「雁皮」から生じる卵殻のようにやや黄味がかった色味から「越前鳥の子紙」とも呼ばれるこの和紙は、国の重要無形文化財にも指定されています。
絵柄の色数は4色ですが、同色部分でも数版の型を使い染め分けることで、自然な染めムラのある表情豊かな襖に仕上げられています。型摺染めについての詳細はこちらをご覧ください。

As you enter the cedar-roofed entrance beside the building, tucked away behind the bamboo branches of takehogaki fences, you'll find the work of Japanese garden master Yasumoro Oyakata. With his experience of over 60 years, his skillful artistry can be felt as he harmoniously matches the shop interior with earthen clay walls made of soil and straw, cedar skins roof tiles, and stone steps. The abovementioned arai-dashi flooring, was also created under his supervision for the composition and finish of the materials, pebbles and gravel selected.
From the second-floor windows, outside you can see the copper-plated roof and rain gutters, all custom-made. Over time, a natural patina is intended with age, typical of metal roofs seen at shrines and temples in Japan. Similarly, copper frame customized detailing can be seen on the large chouchin lantern hanging in the atrium setting of the store.

杉皮葺きの屋根が特徴的な編笠門の暖簾を潜った先、竹穂垣の奥に広がる庭は、この道60年余りの作庭師・安諸定男氏によるもの。土や藁を混ぜ合わせて塗り込んだ土塀や、杉皮の壁、古い瓦を使用した屋根の造作、階段部の石組みなど、建物の雰囲気に寄り添う熟練の仕事を見ることができます。また、先に述べた屋内床の「洗い出し」も、素材と小石、砂利の配合や仕上げについては安諸氏の監修によるものです。
二階の窓から見ることができるのは、全て特注で設えた銅板葺きの屋根や、同じく銅製の雨樋。経年により神社仏閣などで見られるような緑青に覆われた表情を見せてくれるはずです。また、吹き抜け部の提灯にも同様の特注銅製重化が用いられています。

As our Tokyo flagship for WMV, designer Kelsi Nakamura, produced the shop's ceramic name sign out front, adding to the wood-carved framework which sits above the center storage sliding door, based off Hiroki's free-hand sketch. From the custom gates, counters, sculpture stands, mirrors and handles, handcrafts have been applied throughout the entire space. It is our hope customers will discover not only beautiful details that are categorized as "traditional" but also admire craftsmanship that gives a sense of newness which can be enjoyed over time.

WMV VISVIM TOKYO will house our womenswear brand WMV and visvim, as well as serving little cloud coffee. We look forward to your visit.

この他にも、中村の妻であり、「WMV」のデザイナーであるケルシーが制作した陶製の店名サインや、中村がフリーハンドで下絵を描き、それを木工職人が彫り上げた襖上の欄間、特注の門戸やカウンター、彫刻台、取手などの細部に至るまで。「WMV VISVIM TOKYO」はご来店いただく度に発見があるであろう、手仕事が随所に施された店舗です。「伝統的な」と一括りにされるようなものだけでなく、新しさも感じさせる手仕事の一つ一つを発見し、経年により美しく変化していく姿を一緒に楽しんでいただけましたら。

「WMV VISVIM TOKYO」では、レディースブランド「WMV」をメインに、「visvim」の商品も取り揃えている他、「little cloud coffee」も提供しております。皆様のご来店をお待ちしております。

WMV VISVIM TOKYO
1-22-1 AOBADAI MEGURO-KU
TOKYO 153-0042 JAPAN
+81 (0)3 6303 3717
Business Hours : 11:00-20:00

WMV VISVIM TOKYO
153-0042 東京都目黒区青葉台1-22-1
03 6303 3717
営業時間 : 11:00-20:00

*越前和紙
日本における和紙の代表的な産地として知られる越前。その歴史は古く、室町時代、武士の奉書に使用するのに最もふさわしい上質な紙とされていたという記録が残っています。また、同時期に貴族が好んで使った「雁皮紙」(越前鳥の子紙)の出来栄えが評判となり、それ以降、公家や武士階級の公用紙として「越前和紙」の名が広く知られるようになったと言われています。
今回、襖用に漉いていただいた「雁皮紙」は、いま現在手で漉くことができる限界の大きさである五七判。大人4人が息を合わせて巨大な漉き舟を操り、紙原料を流し込んで薄く均一に、不要な溜まりがないように紙を漉くには高い技術が必要とされます。千五百年余りにも及ぶ長い歴史の中で、独自の技法と品質を受け継ぎ守りながら、現在もその名声にふさわしい質の高い和紙が漉かれ続けています。

SHARE: