About

visvim

Established in 2000
2000年設立

More than a single style, visvim embodies a singleminded methodology.

Since its foundation in 2000 by designer Hiroki Nakamura, visvim has been an ongoing exercise in the pursuit of joy and timeless beauty through the discovery and creation of footwear and clothing products.
This pursuit has manifested itself in different forms - Gore-Tex outerwear, natural indigo-dyed kimonos, Native American-inspired sneakers - but the driving force behind each product has stayed the same.
Along this journey it has often been necessary to look back in order to progress forward, which just might be the truest way to articulate the visvim concept.

visvim is a journey to find happiness through creation, and the products and collections that are born each season are our most honest attempts at reaching towards that goal.

あるひとつのスタイルではなく、visvimは"ひたむき" という姿勢、在り方を表現します。

2000年の設立から、visvimはモノづくりを通じて"幸せ"と時を超えた"美しさ"を探求する旅を続けてきました。
Gore-Texのアウター、本藍染めの着物、ネイティブアメリカンにインスパイアされたスニーカー。その成果は様々な形で現れていますが、プロダクトを生み出す原動力に変わりはありません。
旅の途中、歩みを前へ進めるために後ろを振り返る必要がしばしばありました。これこそがvisvimのコンセプトを最も分かりやすく表現しているかも知れません。

visvimとは、モノづくりを通して幸せを探求する旅。そしてシーズン毎に生み出されるプロダクトやコレクションは、そのゴールへ向かう私たちのひたむきな努力の痕跡です。

WMV

Established in 2013
2013年設立

Not simply a ladies analog to the visvim men's line, WMV is a bold alternative to the current offerings in womenswear today.
Taking the form-follows-function philosophy from vintage archives and infusing it with feminine silhouettes, WMV products are designed to be a bridge from the past to the future.
The visvim philosophy of pursuing happiness runs central to the WMV collection, and is augmented by the concept of making products from within.

単なるvisvimのレディースラインではありません。WMVは現代のウィメンズウェアに代わる大胆な提案です。
実用性のあるヴィンテージアーカイブから機能性の原理を引用し、そこに女性らしいシルエットを加え未来につながるプロダクトを作ることを目指します。WMVのプロダクトは時を超えたモノづくりに対する真摯な心で作られています。
visvimと同じく"幸せを探求する"ということがWMVコレクションの中核にありますが、それはさらに"プロダクトを内側から作っていく"というコンセプトに拡大されています。

F.I.L. Indigo Camping Trailer

Established in 2013
2013年設立

20th century production methods ushered in a new era of uniformly-made garments being produced on a global scale.
Deeply entrenched in the realities of making clothes in the year 2013, Hiroki Nakamura continued to explore ways in which he could create clothing with the same warmth of handmade products.

Was there no way to replicate this human touch using modern manufacturing methods?

This is when Nakamura fully embraced natural indigo dye. Impossible by nature to completely control the final output, natural indigo dye presented Nakamura a way to imbue products with an uneven, irregular, handmade warmth while still producing his clothing using the latest manufacturing technologies.
F.I.L. Indigo Camping Trailer is visvim's sole concept store and Nakamura's experimental playground, where a vintage camping trailer is the sandbox and natural indigo dye is the jungle gym.

20世紀の生産方法は均一な物を大量に作るという新たな時代の扉を開けました。
2013年、そうした物作りが深く根付いたいま、手作りの物が持つ"ぬくもり"のあるプロダクトを作るにはどうしたらよいか、作り手は試行錯誤していました。

現代の生産技術でこの"ぬくもり"を再現する方法はないだろうか?

そこから、100%コントロールできない本藍染めを用いるようになりました。本藍染めは、現代の技術で作られた商品に不均一感やムラ、ハンドメイドの温もりをもたらす方法の一つでした。
F.I.L. Indigo Camping Trailerはvisvim唯一のコンセプトストア。ヴィンテージのキャンピングトレーラーは砂場、本藍染めはジャングルジムというように、作り手にとっての実験的なプレイグランドです。

little cloud coffee

Established in 2014
2014年設立

When it comes to coffee I am a total amateur, but at the end of the day it was important for me to listen to my heart and be able to say, "I would like to drink this."

In hindsight, developing coffee beans was not so different from designing a clothing collection.
I make clothes that I actually like and want to wear all the time, and I approached coffee in the same way.

The process involved countless tastings, and while there were some blends that I enjoyed and others that were just not for me, the coffee I decided on embodies visvim's brand philosophy and is something I genuinely look forward to drinking every day.

コーヒーに関してボクは素人のようなものです。
ですが、結局大事なのは、自分の心に問いかけ「ボクはこれを飲みたい」と思えるかどうか。

考えてみたら、コーヒーの開発は洋服のデザインとそれほど違いありません。
毎日でも着たいと思える服を作っているので、コーヒーにも同じようにアプローチしました。

何度も何度もテイスティングを繰り返し、気に入るものも、正直口に合わないものもありましたが、最終的にはvisvimのモノづくりの哲学に添った、素晴らしいコーヒーになりました。
毎日飲むのが楽しみですね。